認知症と向き合う勇気

アルツハイマー型認知症はまだ謎の多い病気ですが少しずつ解明されてきたその原因と生活習慣病で普段から予防できる事実、認知症ではと疑われた時の初期段階から後期への変化していく症状についてまとめてみました。

誰でも起こりうる病気

認知症の予防の知識を身につけて最適な治療を行ってみませんか?注目のサプリメント予防なども知ることが出来ますよ。

早めの治療対策が必要

認知症という症状については良く知られています。 この認知症という症状が出てくる時期は決まってはいません。 かつては老年期に見られるものというイメージがありました。 同居している初老から老年の親世代がかかるものというのが一般的な理解だったのではないでしょうか。 初期症状は「物忘れ」などです。人の名前や物の名前がわからなくなる事がありよく言われる「度忘れ」とは異なります。それから食事を済ませたことを忘れてしまい「ご飯はまだですか」などと要求してしまうことがあります。そして更に深刻な症状になると自分の名前や家がわからなくなってしまいます。このような症状を見つけた時には少しでも早く専門医の診察を受けることが必要です。治療薬を服薬することで症状の進行を遅らせることもできるかもしれません。

認知症の予防と治療

認知症は更年期からその症状が出てくるケースもあります。若年性アルツハイマーなどが良く知られています。現役で仕事をしている方がこの病気にかかってしまったケースはたくさんあります。 認知症という診断を受けたら本人と家族などはこの病気について正しく理解することが必要です。 専門医と自身と家族などの努力と協力によって認知症の進行を少しでも遅らせるようにします。 場合によっては専門ケアのある施設の入居なども考えなければならなくなります。治療費や入院費な経済的な問題も生じてきますのでケアマネージャーや市町村役場の福祉課などに相談することも多くなっていきます。 なるべく初期の段階で専門医の受診をすることや予防策としてのサプリメントや栄養補助食品などを試してみる努力も効果的です。

更年期障害の治療

加齢の影響で卵巣の機能が衰えると、女性ホルモンの分泌量が減り、更年期障害の症状が現れてきます。火照りや動悸、倦怠感などがよく知られていますが、難聴や耳鳴りの症状が起きることもあります。

正しく理解する

アルツハイマー型痴呆は近年増えてきている痴呆になります。早めに痴呆専門医で受診して治療していくことが大切になります。また栄養成文によりアルツハイマー型痴呆を予防することが出来ますので積極的に取り入れると良いでしょう。

治療の一つ

病気によっては、しっかりと栄養のバランスを考えて摂取していく事も治療の1つになってくる事もあります。これは栄養療法と言い、管理栄養士などに相談をすることでアドバイスを受けることが出来ます。